ポエム、映画、音楽についてのブログです


by simakuma62

10年ぶりの紅天女

最近、DSの『逆転裁判』と『有閑倶楽部』で忙しかったです。
久しぶりに『有閑倶楽部』を読み直して、こんな学園生活送りたかったなーと思いました。
いいなー、有閑倶楽部って思いました。

さて今週の月曜日に『ガラスの仮面』の最新刊が、10年ぶりに発売されました。

10年前にでた巻は、かなりグダグダで、『ガラスの仮面』はこのままだと未完になるかもしれないと本当に心配になりました。
だけど今回は、面白いかどうかは別として、物語が動き始めて、美内先生が『ガラスの仮面』を終わらせようという意気込みを感じました。
やっぱりおととし、美内先生がおっしゃってたことは決意表明だったんだと思いました。

『王家の紋章』はもう完結しないだろうと思うけど(作者が終わらす気がないと思う。もう高齢だし、絵の線がかなり弱くなってるし・・・)、『ガラスの仮面』はこの5年以内にラストが読めると予想します!

『ガラスの仮面』と『王家の紋章』は、自分が生まれた年に始まったマンガです。
自分は、ものスゴイ歴史的な年に生まれてしまったと思います。
だから終わったら、どんな結末でもすごく寂しくなると思います。
それを考えただけでも、泣けてくる・・・・

で、『ガラスの仮面』の最新刊の感想ですが、やっぱり花束は紫のバラにかぎるよねーって思いました。
[PR]
by simakuma62 | 2009-01-31 23:33 | 本・マンガ