ポエム、映画、音楽についてのブログです


by simakuma62

<   2005年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

今年のベスト

みなさんは、大掃除おわりましたか?
もうあと一日で、今年は終わってしまいます。
さびしー
昨日友達のお店の大掃除を手伝ったら、今年はいいことあるよ、って言われました。
でも、今年良いことあっても、明日で終わってしまう。
かなしい。

毎年年末の時期がやってくると、ウキウキしてその年のベスト10を考えてしまいます。

箇条書きをします。

良かった映画・・・ベルヴィル・ランディブー、やさしい嘘、子猫をお願い、亀も空を飛ぶ、エターナル・サンシャイン

良かったCD・・・マーキュリ・レヴ『ザ・シークレット・ミグレーション』、MEW『ミュー アンドザ グラス ハンテッド カイト』 、ハー・スペース・ホリデイ『パスト・プレゼント・フューチャー』、スネオヘアー『フォーク』

良かった本・・・スノードーム、戦争広告代理店、西班牙犬の家

良かった展覧会・・・やなぎみわ『無垢な老女と無慈悲な少女の信じられない物語』

経験値をあげたこと・・・パーマに失敗した、朝4:30ぐらいに起きて成田空港に行ったこと

感激したこと・・・ミューのヨーナスに握手とサインをしてもらったこと

運が良かった事・・・フーファイターズの限定シークレットライブに行けたこと

それでは、みなさん良い年越しを!
[PR]
by simakuma62 | 2005-12-30 13:17 | その他

ブラー

ウィーザーのライブで、ブラーのカバー曲を聴いてから、なんだか胸騒ぎがして、改めて聞きなおしてみました。
前にダビングしてもらったのが、奥の方から出てきました。
あー、すぐ見つかってよかったー。
やっぱり物は大切に取っておかないと、いつ必要になるか分らないなーって思いました。

前は、ボーカルの声が気に障って、ブラーを好きになれなかった。
今聞いてみたら、ボーカルの声があんまり気にならない。
しかも、メロディーがいいじゃないか!
今までその良さに気づかなかった、もったいないことしたなー

今ごろになって、ブラーが良いと思うなんて・・・
自分が学生の頃、周りの子でキャーキャー言ってるのを見て、冷めた目で見てたなー
でも今はあの頃に戻って、一緒に騒いでしまいたい・・

ブラーの曲の中では、エンド・オブ・センチュリーとテンダーって曲が好きだなー
でもこれは、今ごろになってミスチルのイノセントワールド最高!って、言うのと同じなのかな?
それとも、チャゲ&アスカのセイ・イエス良いよねーって言うようなものなのかな??
うーん、渋い感じで考えてしまいます。

ブラーの曲は、ウィーザーが演奏したらもっと好きになるのになー
というか、オアシスがブラーの曲演奏してくれたらいいのになー
[PR]
by simakuma62 | 2005-12-27 22:49 | 音楽
まさか、自分の知ってる人に懸賞当たると思わなかった。
しかも全然興味ない人に当たった。
やっぱり欲がない方がいいのかもしれないなー
あんなにやる気満々で、頑張ってだしたのに・・・

今年のクリスマスは、ジョン・ウォータス監督のシリアルママを見ました。
(会社の人が、ビデオからDVDにわざわざダビングしてくれました)
前に見た時も面白かった記憶があるけれど、今見たら面白さがパワーアップしてる。
大爆笑してしまいました。
クリスマスには最適な映画だなと思いました。
ぜひみなさんも、今もう一回見直して見てみて下さい。
まだの人は、この正月休みを使ってぜひ見てください!

そういえば、去年のクリスマスイブだっけかはおかまバーに行ったなーと思いました。
あれから一年経ってしまったなんて、時が過ぎるのは本当にはやいものです。

もうクリスマスになっても、サンタさんがプレゼントをくれません。
サンタさん、もう十年以上来てくれてない気がします。
プレゼントもらえないけど、今ちょっとしたお願い事をしてみます。

サンタさんへ
どうか、来年でもいいので、
多摩センター駅の名前を、サンリオピューロランド駅にして下さい。
d0017928_22533357.jpg

[PR]
by simakuma62 | 2005-12-26 22:52 | 音楽

リバースが・・・

今日のウィーザーのライブ、もの凄かったなー
昨日も良かったけど、それ以上だったな・・・
ライブが終わって帰るときに、近くにいた男の子が、まじヤバイって言っていました。
たぶん今日のライブで、失神いや失禁した人がいるんじゃないかなー
今年見たライブの中で一番を選ぶとしたら、チネチッタでやったミューか今日のライブか、どっちかです。でも選ぶことはできない!

さて朝起きたら、頭にたんこぶができていて、首とかふくらはぎが筋肉痛だったので、今日のライブはちょっと後ろめの階段の所で見ました。

リバースが、昨日よりさらにノリノリでした。
ミスタービーンを思い出してしまいました。
そしてリバース、ちょっと体が硬そう・・・
でもそこが可愛らしいと思いました。

アクロス・ザ・シーをまた演奏してくれて、再度涙を流してしまいました。
今日は、バンドも観客も相当気合が入っているのをひしひしと感じました。

途中リバースが後ろから出てきて歌った時に、近くで見ることができました。
ここぞとばかりに、リバースをまじまじ見てしまいました。
リバース、なんだかケント・デリカットにちょっと似ている・・
それに夏に比べると、一気に年を取った気がする・・・
おじいちゃんぽいような・・・
うーん、気のせいかしら???

ライブの最後では、メンバー同士がみんなで肩を組み合ってお辞儀をして、さよならをして舞台を後にしました。
なんだか、まるで最後のライブみたい。
すごく切ない・・・
何年でも休んでいいから(それも寂しいけど)、解散だけはしてほしくないな。
またカムバックして、日本に来ておくれ!
d0017928_2303856.jpg

[PR]
by simakuma62 | 2005-12-23 00:30 | 音楽

アクロス・ザ・シー

今日は、ウィーザーのライブに新木場に行って来ました。
新木場は何もない所で、お茶する所すら見当たらなくて、これはどうしたものか・・・と思いました。新木場もうちょい、がんばってくれ!
ライブ会場は初めて行った所だったけど、横長で良かったです。

今日のライブは、自ら前の方に行ってしまい、興奮の渦の中に入り込んでしまってもみくちゃになりました。
でもすごく楽しかったです。
ライブ終了後は、汗だくで髪がボサボサになってしまいました。
一緒に行った友達には、お風呂上りみたいだねって声をかけてもらいました。

それにしても、今日のウィーザーのライブは盛りだくさんでした。
ファンをステージにあがらせて一緒にギターを演奏させたり(ちっ、ギター練習しとくんだったよって歯ぎしりしました)、ブラーの曲をカバーした!
タイトルがわからないけど、たぶんあれは、映画のサンダーバードにも使われていた曲だと思う。
ウィーザーが、ブラーの曲やるなんてすごいことだー

そして、アクロス・ザ・シーという曲をやってくれました。
イントロを聞いて、もしかして、まさかこれは、あの曲じゃ・・・って思いました。
ウィーザーは長いこと演奏するのをやめていたと聞いていたので、生で聴くのを諦めてたのに・・・

アクロス・ザ・シーの歌詩をまとめるとこんな内容になります。

君は日本の小さな町に住む18歳の女の子。
一年前にラジオで僕の歌を聞いて好きになったんだってね。
僕の好きな食べ物や、趣味、誕生日、色んな事を知りたがるよね。
君の助けが必要なのに、何で君はそんなに遠くにいるの?
海を渡って君に触れたいけど、そんなことしちゃいけないんだろうな。
だけど、僕には君の手紙がある、君には僕の歌がある。

たぶん、今までに外タレを好きになったことがある人なら、この歌詞のキュンとくる感じがわかるのではないでしょうか!みなさん!
というわけで、アクロス・ザ・シーの演奏中、涙がポロリって落ちてしまいました。
すごく感動してしまいました。

明日のライブも楽しみ!
d0017928_23572377.jpg

[PR]
by simakuma62 | 2005-12-21 23:56 | 音楽

おじさんがいう

知らない親父が、体を揺らしながら言う。

おれは喋っていても、喋っていなくても同じなんだ。
それをみんな理解してくれ

そして、手が震えはじめた。
[PR]
by simakuma62 | 2005-12-20 23:11 |
最近ミューに浮かれっぱなしで、スネオヘアーが新しいアルバムを出しているのを知りませんでした。
CD屋さんに行って、あー!って叫びそうになりました。
今年の初めに出したばっかりなのに、もうアルバム出してる!って思いました。
お金ないから、来年に出してくれたらありがたかったのに・・・

そして、スネオヘアーがUNOのCMの曲を作ったり、アニメの主題歌に使われたりしたという事を視聴機の前で知りました。
知らなかった・・、知らない間にそんなに活躍してたなんて・・・
自分は時代においてきぼりにされてる!
このままだと、場末のバーで河島英吾の時代おくれを歌う人になってしまう・・・

というわけで、スネオヘアーの新しいアルバム『カナシミ』を即行で買ってしまいました。
CDジャケットが、今までと違ってずい分シンプルになったなーと感じました。
そういえば、本人写ってない・・

何人かの友達が、スネオヘアー気持ち悪いって言っていましたが、私にはカッコよくにしか見えません。
それにちょっと気持ち悪い方がかっこいいんだよって思います。

今回のアルバムは、ポップな感じより切ない方が強い感じがしました。
アンニュイな声までつかって、新しい歌い方に挑戦してて、良いことだと思いました。
そしてアルバムの一曲目は、スネオポップ炸裂です。
目をつぶって聞けば、嫌なこともすっかり忘れて、雲の上でスキップしてる感じになります。
スネオヘアーの一番好きなところは、ポップとせつなさが交じり合うメロディーと、歌詞の断片が大好きです。

今回のアルバムの中では、争いあうなら全てあげるよ。そこでなくすものって未来でもないし、っていうフレーズにしびれました。
スネオ、かっこよすぎでしょう!
d0017928_22311049.jpg

[PR]
by simakuma62 | 2005-12-15 22:26 | 音楽

忠臣蔵

昨日、人間国宝の一龍斎貞水(いちりゅうさいていすい、と読むそうです)の忠臣蔵の講談を聞きに行って来ました。
友達のお母さんが突然行けなくなったので、私が代わりに見に行って来ました。
一番前の真中で見てしまいました。

講談は初めて見ました。
そのせいか分りませんが、講談の句読点のないような独特の喋り方、何の前触れもなしに人物が次々に入れ替わる話の展開に、物語の中盤までついていけませんでした。
日本語を聞いてるだけなのに、こんなに理解できないとは・・・
最後の方になって耳が慣れてきたようで、貞水さんのいってることは理解できましたが、物語の意味がよく分りませんでした。
貞水さんのセリフまわしで印象に残ってるのは、「若いおなごはいいものじゃ、わっははー」と「この田舎侍めが!」っていうところです。何度かウトウトしてしまいましたが、このセリフが耳に入った時だけ目が覚めました。

今回は、貞水さんの講座50周年を記念して、第二部がありました。
貞水さんと弟子のトークと、文京区長の小芝居があり、区民のみなさんとプロの舞踊家の赤穂浪士ジャズダンスもあり、太鼓やお囃子の演奏もあるという、かなり盛りだくさんな内容でした。

貞水さんと弟子のトークは、周りの人は笑ってたけど、私はクスリとも出来ませんでした。
難しすぎて、どこが笑いのツボなのかさえもよく分らなかった・・・

文京区長の小芝居が始まったあたりから、時空が歪んできました。
一番前なので笑いを必死に堪えていたのですが、我慢できなくて、ひーって言う感じでひきつけを少しおこしかけました。
そしてあまりに面白すぎて苦しくて、泣いてしまいました。

文京区民と舞踊家の赤穂浪士踊りも、みんな一生懸命やってるんだから真面目にみなきゃ失礼だと自分に言い聞かせました。
でも、一番前だから、よく見えてしまう・・・
そこのお父さん踊りがみんなとかなりズレてますよ、とか、そっちのお母さんはちょっと張りきりすぎですな、とか、右側のお姉さんの化粧は赤穂浪士と関係ないんじゃないですかー、とあんまり重要じゃないところばかりに目がいってしまいました。
頑張ってみてたけど、やっぱり途中笑いがもれてしまいました。

本当に面白いものを見たなーと思いました。
あそこまで、苦しいほど笑ったのは久しぶりだー!
[PR]
by simakuma62 | 2005-12-14 22:01 | その他

気になります・・・

昨日は、なんだかくたびれていたのと、これといった用事もないので、夜の9時半ぐらいに寝てしまいました。途中トイレに目が覚めましたが、また寝て、朝の10時すぎまでぐうぐう寝てしまいました。
起きたら、寝すぎて体がだるかったです。

お昼ご飯を食べた後に、図書館に行きました。
途中の道でイチョウの葉っぱが沢山落ちていました。
イチョウの葉っぱのブローチがあったら可愛いのになと思いました。
葉っぱにニスを塗って、葉っぱの後ろにボンドで安全ピンをくっつけたら、ブローチになるなーと思いました。
それから、イチョウの葉っぱでビジネスをすることまで夢見てしまいました。
イチョウの葉っぱのブローチを1個作るのに10円ぐらい費用がかかるだろうと勝手に試算しました。でもって200円で売ったら、190円の儲けになるなーと思いました。
10個売ったら1900円の儲けになる!
すごーい!って思いました。
だけど100個売ったら、19,000円にしかならない。
結構地道なビジネスだなと思って、夢がしぼんでしまいました。

あと、変態村っていう映画がくると教えてもらいました。
タイトルだけで、ものすごく気になります。
最近のでは、マサイ族の映画が注目度ナンバー1だったけど、変態村に取って代われそうです。
ピンクフラミンゴみたいな映画なのかな?
[PR]
by simakuma62 | 2005-12-11 20:58 | その他
今日は、ヴィヴィアン・ウェストウッド展を見に、六本木ヒルズまで行って来ました。
それにしても、六本木ヒルズってあんまり好きになれない。
デザイン重視に設計されているから、トイレや出口が分りづらい。
だけど、夜景はきれいだったな・・・

ヴィヴィアン・ウェストウッド展には、服飾関係の専門学校生みたいな人が沢山来ていました。
上から下までヴィヴィアンの洋服を着てる人もいました。
みんな熱心に見ていて、メモまで取ってみてる人もいました。
えらいなーと感心してしまいました。
美術館が、写真取るのをOKにしてあげればいいのにと思いました。

ヴィヴィアンは、労働者階級の出身で、自分がそこから抜け出してやっていくにはどうしたらいいのか?ということを若い頃よく考えていたようです。
そんな頃セックスピストルズを見出した、なんとかさん(名前忘れました)と出会って、パンクファッションを生み出し、センセーショナルを巻き起こしたと書いてありました。

面白いことに、キャリアの始めの方は古い習慣を打ち破るような新しい服を作っていたのに、現代になると、コルセットやイギリスの昔ながらの伝統的な洋服になっていきます。(しかし保守的な服装の中にも、必ずどこかにヴィヴィアン節が入っているなと思いました。)
それを見ながら人は年を取っていくと、保守的なものや伝統的なものに惹かれるのかもしれないなと思いました。

ヴィヴィアンは流れていた映像のなかで、私の服は凡庸な服に対する批判なの、と言っていました。ものすごい普通の格好で、それを見ていた私は切なくなりました。
それとヴィヴィアンのほとんどの服は肌触りが悪いし着心地も悪いけれど、女性のスタイルにこだわって作っているそうです。だから、私の服は完璧に美しい人に着てもらいたいと思っていると言っていました。
だからなのか、現代に近づけば近づくほど、ウェストが細くなっていく。
あんなウェスト、モデル以外は着こなせないでしょう。

でもヴィヴィアンの洋服はスーパーモデルが着るよりも、ドラッグクイーンとかしわくちゃのおばあちゃんや、ものすごい太った女の人が着たほうが、さらに洋服の個性が際立つんじゃないかなと思います。
たぶん、ヴィヴィアンに言っても、馬耳東風だと思うけど・・・
d0017928_21561423.jpg

[PR]
by simakuma62 | 2005-12-09 21:59 | 美術