ポエム、映画、音楽についてのブログです


by simakuma62

<   2007年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

レザボア・ドッグス

この間タランティーノの『レザボア・ドッグス』の耳を切り落とすシーンの話しになりました。
それまで自分は、耳を切り落とすところをすっかり見た気でいました。
したら、実際にそんな場面はないということが判明しました。
そんな場面一つも見せてないのに、見たつもりにさせるって、タランティーノすごいねーという話しになりました。

というわけで、もう一回レザボア・ドッグスを見直しました。
やっぱり耳を切り落とすシーンは写ってなかった!
今見直すと、そんなに残酷な場面が多くないことが分かりました。
それから今見ても、やっぱりとても面白くて、気がつけば全部見てしまいました。
公開されて10年以上たった今でも、タイトルロールがかっこいいです。
出ている俳優さんが、みんな良い味だしてるなーと思いました。
特にティム・ロスがかっこいい。
あとハーヴェイ・カイテルもスティーヴ・ヴシェミも本当に良い味だしてるなーと思いました。
スティーブ・ヴシェミは、この映画と『イン・ザ・スープ』っていう映画の役がとても好きです。
(映画好きの夢見がちで、人付き合いが苦手で、その日暮らしの貧乏っていうのが自分に似ているなーと思います)
『イン・ザ・スープ』は今レイトロードショーされているそうです。
去年に前売りチケット買えば缶バッチが付いてたのに、知らなくて手に入りませんでした。
切ないです。
d0017928_23314449.jpg

[PR]
by simakuma62 | 2007-01-27 23:32 | 映画

今日もまた

今日もまた課長が、借金取りのような調子で長い話しをしました。

ハッと気がつけば今から話すことをちゃんと覚えるように、聞かれたらすぐ答えられるようにしておくことと課長がいいました。
後でメモを見てたら、はたして覚えておく必要があるのだろうか?疑問に思いました。

繰り返しが多いので、メモに書いてあったことをまとめてみようと思います。

バブルがはじけて、もう土地を購入するもんかというバカな日本人が多くなって、その隙に外資が土地を買い占めてしまった。規制緩和です。彼らはピンチをチャンジした。
チェンジはチャンスです。チェンジとチャンスのイニシャルはCです。同じです。
日本人にはそういう発想がない。
これからはそんな日本人はムリです。
経営戦略ができない人は負け犬です。
自分の戦える土俵を常に持っておくこと。
プラン・ドゥー・アクション・チェックのPACDのサイクルをいつも常に心がけること。
これをできる人は、生き残れます。
これからは、五ヵ年先のキャッシュフローを作って下さい。
それができるなら、何億でも借金してもいいんです。

かなりかいつまんで書きましたが、こんな話しを毎日聞いています。
結構同じことの繰り返しが多くて、頭に叩き込まれてしまいそうです・・・
[PR]
by simakuma62 | 2007-01-26 21:39 | その他

麦の穂をゆらす風

ケン・ローチ監督の「麦の穂をゆらす風」を見てきました。
途中から、涙、涙でした。
ラストは悲しくてたまりませんでした。
安易な映画評論家のような感じですが、今年良かった映画ナンバー1に決定です!

主人公を演じたキリアン・マーフィーが、この映画を見るまでは好きじゃありませんでした。
あの目の青さと彫りの深さが怖いです。
一体何を考えているのか分かりません。
KGBのような感じがしました。
ダニー・ボイルの「28日後・・・」も彼が主人公じゃなかったら、もっと楽しめたのにって思いました。
でもこの映画を見て、キリアンは良い俳優さんだなーと思いました。

ケン・ローチがテロリストについての映画を描くとしたら、テロリストになってしまった側の方を描くと思っていました。
(彼は常に社会的立場の弱い人たちの味方だから)
ダメな人間をその人の弱さのせいでそうなったという描き方は、絶対にしない人だと思います!

主人公やその周りが、どんどん頑なになっていくところはつらくなりました。
どっちも言っていることが正論なだけに、自分の意見を引くことができないんだろうと思いました。

時々(今の会社では特にそうだけど)弁が立つ人が、相手に反論の余地も与えないような正論をはくことがあるんだけど、何かヘンだと思ったら(根拠が全くなくても)その時の自分の気持ちに従ったほうがいいんだと思います!
知性よりも人間の第六感を信じるべきだと思います。
d0017928_2144149.jpg

[PR]
by simakuma62 | 2007-01-24 21:47 | 映画

ハチミツとクローバー

この間「ハチミツとクローバー」を借してもらいました。
今読んでいる途中だけど、青春っていいなー、仲間ってすばらしいなーと思いました。
もう一度大学生をやり直せるとしたら、美大生かチアリーダーのどっちかがいいと思います。
でもって、テキサスコップに護衛を頼みたいかなー

最初は、絵コマになれるまで、読みづらい感じがしました。
でも慣れてしまえばこっちのものです!

このマンガに出てくる男の子が、「自分がここにいるのにいないような気がする。何かやる事、しなきゃダメな事。あせらなければいけない事。たくさんあったはずなのに」ってぼんやり思うところが、少し分かるなーと思いました。
近いうちに映画の方も見てみようと思いました。

このマンガを書いた人がスネオヘアー好きで、アニメの主題歌を頼んだって聞いたことがあります。
マンガを読んで納得しました!
[PR]
by simakuma62 | 2007-01-22 22:36 | 本・マンガ
トミー・リー・ジョーンズ主演の「チアガールVSテキサスコップ」を見ました。
肩をこらずに、サラっと見られてよかったです。
いつか12チャンネルで、やってくれそうな予感がします。

ストーリーは、殺人の現場を見てしまったチアガールを護衛することになった、堅物のテキサスコップのサスペンスコメディです。

犯人の魔の手が忍び寄るところに、ダンスやチアリーダーとテキサスコップとの心の交流が描かれていて、B級映画ならでは面白さがありました。

ダンスも久々にMCハマー風の踊りが見られて楽しい気分になりました。
「エビバリ ノン ストップ~♪」が流れたときは、一緒に踊りたい気分になりました。
d0017928_23133610.jpg

[PR]
by simakuma62 | 2007-01-21 23:13 | 映画

マリーアントワネット

とても見たかったソフィア・コッポラの「マリー・アントワネット」を見てきました。
これ以外には、ゴールデンウィークに公開されるミッシェル・ゴンドリーの「恋愛睡眠のすすめ」がとても見たいです。予告編を見て、私のための映画だと思いました。

今日は初日で混んでいたけど、下の写真の小さなクリアファイルが貰えたので見に行ってよかったです。
映画は途中ダレるなー、ちと長いなーと思いました。
ストーリーは、いまいちな気がしました。
ベルサイユのバラの方が面白いんじゃないかな。
オスカルでてこないし・・・
でも、ファッションやインテリア、お菓子が本当に可愛かった!
あーいうガーリーなドレスを着てみたくなりました。
それに、映画にでてくる靴もほしくなりました。
今までつま先がとんがっている靴は好きじゃなかったけど、映画を見て欲しくなりました。
どこに行ったら手に入るんだろう??

マリーアントワネットが贅沢三昧をするシーンとか、隠れ家でのんびりしたりするシーンは、何度もみたくなるなーと思います。
映画中にストロークスの曲が流れてて、嬉しくなったけど、あんまり場面とあってないような気がしました。

映画を見終わって、ケーキが食べたくてたまらなくなりました。
でもなぜか裂きイカを買って帰りました。
おいしいです。
やっぱり自分は日本人だなーとしみじみ思います。
d0017928_2362517.jpg

[PR]
by simakuma62 | 2007-01-20 23:08 | 映画
ストロークスのギタリスト兼もじゃもじゃ頭、アルバート・ハモンドJrのソロアルバムを買いました。
本当は違うCDを探していて、たまたま視聴したら、ジャケットも含めこのアルバムがとても気に入りこっちを買ってしまいました。
探していたCDは、いつか見つかるといいと思います。

アルバートさんが、こんなかわいらしい趣味な人だとは思いませんでした。
本当は、はっぴいえんどとかが好きなんだと思う。
だけど、ストロークスのメンバーにバカにされるからずっと隠してたのかもしれない。

ストロークスの音楽が都会の夜だとすれば、アルバート・ハモンドJrの方は郊外の春のポカポカ陽気です。
でもいくつかの曲の出だしが、ストロークスぽいところがあるなとも感じました。
ストロークスのボーカル、ジュリアンもベースで参加している曲がありました。
ジュリアンは、ピアノもベースも弾けて、すごいなーと思います。

CDのボーナストラックに、PVが収録されていました。
アルバートと友達らしき人が、ギターを並んでジャカジャカ弾いてるレコーディング風景が出てきて、かっこいいなーと思いました。
音楽でコミュニケーションできる人が、本当にうらやましいです。

あと9曲目がカッコイイです。
はじめちょっとゆっくり歌いだして、一瞬リズムが止まったかと思ったら、急に「カモーン」って言ってメロディーが流れ始めるところにしびれました。
オアシスのワンダーウォールという曲で、「ごほん」って誰かが咳をして、始まる出だしぐらいかっこいいなーと思います。
私もギターがもう少しうまくなったら、マネしようと思います。
今やりたいけどそれやると、「やる気あるんですか」って先生に怒られるからね・・・
d0017928_23172519.jpg

[PR]
by simakuma62 | 2007-01-13 23:17 | 音楽

テレスコープ

HMVに行ったら、ハースペースホリデイの新しいCDが出てて、ビックリしました。
しかもCDジャケットが可愛い!
さすがマークだわってうっとりです。

視聴機を見たら、ハースペースホリデイからクリスマスプレゼントって書いてありました。
クリスマス前に知ってたら、良かったのにな・・

今回は1曲以外全部、インストロメンタルだった・・・
だけど今回は絵本もついていて、それにあわせての音楽なのであえて歌を入れなかったのかなーと思いました。

絵本の主人公と自分の重なる部分があって、他人事には思えませんでした。
「どこかの森のおくのほうで男の子がひとり、家にとじこもってくらしていました。」
っていう(日本語訳だけど)、物語の始まりが大好きです。
この一行だけでも、共感できるお話しだなと思いました。

CDにプロモーションビデオがついてて、それも可愛いです。
ぜひどこかでみんなも見てくれればいいのに、と思います。
d0017928_20545220.jpg


あと、ストロークスのギターリストが出したソロアルバムも買って、それがとてもよかったです。感想はまた今度書けたら、書きたいです。
[PR]
by simakuma62 | 2007-01-11 22:30 | 音楽

ダーウィンの悪夢

「ダーウィンの悪夢」というドキュメンタリー映画を渋谷まで観て来ました。

アフリカ・タンザニアのヴィクトリア湖に半世紀前、ナイルパーチという外来種の肉食魚が放たれ、それが在来種を食べつくし大変な勢いで増え、その魚がヨーロッパや日本で食べられることが分かり、タンザニアの一大産業になったという出だしから映画は始まりました。
いいことよりも、悪夢のような出来事について、映画はどんどん明らかにしていきます。
耐えられなくて、思わず画面から目をそらしてしまいました。

前半部分の話のパズルが、後半にどんどん組み合わさって、これでもかというアフリカの惨状に向き合わなくてはいけなくなった時、自分の非力感におそわれました。
自分もアフリカだけでなく貧しい国の富を奪っている側の人間なんだと思いました。そしてどうしたら今みたいな悪循環のような悲惨な状況を改善できるのだろうか暗澹たる気持ちになりました。

映画館を出た後、渋谷の街が今までと全く違ったものに見えました。
バーゲン品のショッピン袋を抱えた若者を沢山見て、けっこんな街、ってツバを吐きたくなりました。
その後、プレゼントやCDを買いにお店を見ていて、欲しい物が沢山あるなーと思い、はっとしました。
自分は、資本主義の奴隷になっていると思いました。
だけど消費することが人の幸福にはつながらないと思います。
全く説得力なくてすみません。
d0017928_2255179.jpg

[PR]
by simakuma62 | 2007-01-08 22:56 | 映画

SAYURI

お母さんが録画しておいてくれた「SAYURI」を観ました。
本当は映画館で見たけど見逃してしまいました。
ここ数年みたいなーと思っても、気がついたらロードショーが終わっているということが多いので、今年は見たいと思ったら映画館まで足を運ぶようにしようと思います。
やっぱり映画は映画館で見ないと!

さゆり役のチャン・ツゥーイが可愛かったです。
デビュー作「初恋のきた道」の時から、大好きです。
三つ編みに半纏とモンペ姿でさえも、彼女が着れば小粋なファッションになってしまいます。
その時こういうファッションが流行るかも、私もマネしようとうっかり思いついてしまったほどです。

だいぶ前に原作を読んだときから(そのときはスピルバーグが監督をやるって話しだった)、さゆり役はチャン・ツゥーイしかないだろう、と勝手に決めていました。
この映画では、キャストに関して日本人じゃないっていう批判がありました。
私は豆葉役を演じるミッシェル・ヨーが、大鶴義丹と離婚したマルシアと似ているなーっていう以外は、そんなに気になりませんでした。
小雪とかキル・ビルに出てた女の子を出すべきだって話しがあったけど、それもどうかなーと思います。
とりあえず日本人のはずの工藤夕貴が、一番日本人ぽくないなーと思いました。
[PR]
by simakuma62 | 2007-01-06 12:01 | 映画