ポエム、映画、音楽についてのブログです


by simakuma62

<   2007年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ここ数年、目につくことがあります。

それは、そんな美人じゃないのに雰囲気やオーラで威圧して、他人に美人と錯覚させてしまう人がいるということです。
これは力技なので、力技美人と命名しました。
力技美人は気が強い人が多いと思います。

あと力技ハンサムもいる。
全然ハンサムじゃないのに、力技でハンサムになっているのです。
見るたびに、立ち位置が違うだろうとつっこみたくなります。

この間、地下鉄で力技ハンサムを見ました。
第二ボタンぐらいまでならボタンをはずしている人を見たことあるけど、この人は違いました。
ボタンをはずしすぎて、前がはだけていました。
どんな会社で働いているんだろう・・・

次に、カーフラ女子もいます。
カーフラは「王家の紋章」に出てくるリビアの王女様の名前です。
(すごい自信家で、フェロモン過剰な王女様です)
そこから取った名前で、あんまり可愛くないのに、服装や言動、フェロモンでもって、周りに可愛いと勘違いさせてしまうのです。
うっかり可愛いと思ってしまったら、最後です。

私は自分に全く自信がないので、どうしたらそんなに自信を持てるんだろう考えてしまいます。
その自信をちょっと分けておくれって思います。
[PR]
by simakuma62 | 2007-09-30 22:47 | その他

メタボラ

桐生夏生が書いた「メタボラ」を読みました。
図書館で予約してたのが思ったより早く借りられる事が出来ました。
同じ頃に予約した宮部みゆきの「楽園」の上巻は、あと349人待ち!
来年の春頃には借りられるといいと思います。

メタボラの主人公は、記憶を失ってしまった、無一文の青年のお話です。
犯人探しはないけど、その青年が記憶を取り戻すまでの過程がまるで推理小説のようで、読む手が止まりませんでした。
最後の方で、ある登場人物が主人公に、「ごめん、答えなくなかったらいいさー」っていうセリフに泣いてしまいました。

桐生夏生の本は、普通の人がどんどんと落ちていくところや、人の嫌な部分とかの描写がリアリティがあり過ぎて嫌でした。
面白いから、最後まで読んじゃうんだけど、読み終わった後に暗い気分になってしまう。

だけど今回の「メタボラ」は、今までと違うような気がしました。
今までだと登場人物を突き放している感じがしたのに、今回は主人公に寄り添っている感じがしました。
なんだか目線に温かみがあると思います。
だからなのか読んだ後、決して明るい終わり方ではないんだけど、少しだけ温かい気持ちになりました。
d0017928_029526.jpg

[PR]
by simakuma62 | 2007-09-29 00:31 | 本・マンガ

昭和のにおい

会社の人から、スケバン刑事・麻宮サキの総集編とユニコーンのビデオを3本借りました。
貸してもらっておいてなんですが、ちょっとおかしな組み合わせです・・・
昨日と今日と合わせて、8時間ぐらいずっと見ました。
見すぎて、ちょっとくたびれました。
面白かったけど、どちらとも昭和のにおいがします。

麻宮サキは3代とも続けて見て、やっぱり二代目麻宮サキが一番だと思いました。
南野陽子が本当に可愛い。
今でも充分通用すると思うよ!
徳島弁のセリフが棒読みなのに、かわいい。

一代目の斉藤由貴が、思ったより動きが機敏でびっくりしました。
三代目の浅香唯は、髪型がとても重い。
ダイアナ妃みたい・・・

ユニコーンは、今見るとアイドルみたいに見えます。
(前はそんな風に感じなかったのに)
奥田民生は軸がぶれない人だと思ったけど、違うみたいです。
若いときの映像を見ると、なんだかBOOWY(これでイニシャルあってるかな)みたいな格好をしたり、ハイウエストのジーパンはいている・・・
そういう時代を経て今に至っているんだなーとしみじみしました。
やっぱり最初から自分のスタイルを持ってる人なんて、ほとんどいないと思います。
続けていくことで自分の個性とか持ち味が出てくるんだろうな・・・
[PR]
by simakuma62 | 2007-09-27 23:49 | その他

そしていつも通り

おととい、昨日と、突然アクセス数が多くなったけど、今日見たら元通りでした。
それにしても、元に戻るのはやいね・・・
ちょっとホッとしました。

一体なんだったんだろう。
[PR]
by simakuma62 | 2007-09-26 21:29 | その他

どうしたの??

今日、アクセス数みてビックリしました。
思わず、えっ!?って声を上げてしまいました。
だけど一人だったので、その後はシーンとして、ちょっと寂しかったです。

昨日から突然多くなっていて、今日のカウントは100を越えてしまいました。
一体どうしたのでしょう??

多分、これは「王家の紋章」のことを書いたからに違いないです。
昨日も、テレビでエジプトスペシャルやっていたし。
興味津々だったけど、テーベの都がルクソールになっていて、いまひとつピンときませんでした。

いま確実に、エジプトブームがきているなと思いました。
エジプトに行きたい。
そしてナイル川に流されたいです。
[PR]
by simakuma62 | 2007-09-25 22:12 | その他

来日決定!

ハー・スペース・ホリデイのマーク・ビアンキことXOXO PANDAの来日が決まったそうです!
バンザーイ!マンセー!

情報どうもありがとう!

日にちは、11月4日(日)・・・
がーん
そんなのってありえない!

一気に具合悪い。寝込みそうです。
この日は、どうしよう、どうしよう・・・
いやどうにかするに決まってる!

話は変わって、多摩川の河川敷でギターの練習をしてみました。
風が強くて寒かったけど、外で弾くのは気持ちが良いです!
d0017928_22312327.jpg

せっかく撮ったのに、自分の指が入ってしまっています・・・
[PR]
by simakuma62 | 2007-09-23 22:32 | 音楽
友達に誘われて、アメリカ・ナッシュビル出身のアーティストCarry brothersのアコースティックライブのイベントを見てきました。
銀座アップルストアーの3階にあるシネマフロアーで行われました。
無料ライブなのに、思った以上に立派な会場でビックリです。

すごく良くて大感激でした!
一気に大ファンです。
なのに、こんなにガラガラな中で見たのは生まれて初めてです。
こんなにすごいのに、とってもいいのに、本当に残念です。

私もお友達に紹介されるまでは、cary brothesというアーティストの存在も、こんなイベントがあったことすら知りませんでした。
当日アップルストアー銀座店にいた人だって、そんなインストアライブあったこと知らなかったと思います。
インストアライブの告知の張り紙も目立たない感じのところにあったし・・・
やっぱり宣伝ってとても大切だと思います!

イベントの後、そこに来ていたアメリカ人と日本人の二人組の女の子とお話ししました。
(二人とも良い感じの人たちでした)
アメリカ人の女の子とは片言で話したのに、お互いにコールドプレイとかアクアラング、スノーパトロールにデスキャブが好きということが分かって、とても盛り上がりました。
音楽の力ってすごいです!
でそのアメリカ人の女の子が言うには、cary brothersはアメリカでは大人気らしいです。
だからこんな日本みたいなガラガラありえないみたいだー!
それとお友達から聞いた話では、ナタリー・ポートマン主演の「終わりで始まりの四日間」やアメリカの人気ドラマに彼の音楽が使われていてるそうです。
サントラがグラミー賞を受賞してるし、最新のアルバムではアクアラングがピアノでゲスト出演してるそうです!

家に帰ってきてからも、本当にすごい人だったんだって、こんなすごいのガラガラで見てしまったー!って大興奮です。

あとその女の子たちと喋ってたら、Cary brothersが出てきました。
ヘタクソな英語で、すごい演奏が良かったことを興奮気味に伝えたら、すごく嬉しそうな顔をしてくれました。
ついでに、握手も写真も撮ってもらいました。
本当に気さくで、良い人でした。
ホームページで見るとむさ苦しくて、気難しそうに見えるけど全然違いました!
なんであんな写真使うんだろう?

「また日本に絶対に来てください!」って言ったら、caryさん「来年の1月にライブをしに来るよ」だそうです!
「絶対行きます!」って言ったら、名前を聞かれました。
来年の1月まで覚えてくれてるかな?
その時は、思い出せるように同じ格好をして行かなきゃと思いました。
冬だけどポロシャツ着ないと!
来年が楽しみです。

cary brothersの歌ココで聴けます。
ぜひとも聴いて欲しいです!
ブラボー!って立ち上がって拍手したくなるはずです。
[PR]
by simakuma62 | 2007-09-23 00:00 | 音楽

ミス・ポター

d0017928_2350544.jpg
レニー・セルヴィガーの「ミス・ポター」を見てきました。
ピーター・ラビットの生みの親、ビクトリアス・ポターの半生を描いた作品です。
少し地味めな作品だけど、ほんわか良かったです。
もっと地味になるけど、無名な役者さんたちの演技で見てみたかったかなって思います。

ずっと前に、NHKでビクトリアス・ポターのドキュメンタリーを見てとても良かったので、この映画が公開されるって知ったときから見たいなって思いました。
あとイギリスの湖水地方が、とても見たかったというのもあります。

日本人の心のふるさと(行った事はないけど、原風景みたいなもの)というか、いつかは必ず行きたいって思っていて、写真みただけで、心が躍ってしまう所に、ピーター・ラビットの湖水地方ってあげる人が多いと思います。
あと、赤毛のアンのプリンスエドワード島と、ターシャのお庭に、アルプスの少女ハイジでしょ、それに天空の城ラピュタと、そしてもちろん王家の紋章のエジプトもはずせないでしょう!
あーナイル河に行って身投げしたいです。

というわけで行きたいところが沢山です。
一つに絞れません!

去年せっかく湖水地方に行ったのに、異常気象で雪が降ってしまって(結構積もりました)、湖水地方ちっとも堪能できませんでした。(湖水地方は冬でも雪が降らないところだそうです)
映画を見て、ぜひ夏の湖水地方に行きたいと思いました。
d0017928_23554237.jpg

上の写真は、湖水地方で取ったアヒルと鴨です。
人懐こくて、ワラワラ集まってきました。
[PR]
by simakuma62 | 2007-09-20 23:54 | 映画

アコギとエレキギター

今日は、会社の人に連れて行ってもらって、初めてスタジオで練習しました。
1時間だけだったので、あっという間でした。
すごく楽しかったです!

やっぱりスタジオはにおいが違うね~、さすがスタジオ!と思ったら、それは芳香剤のにおいでした。
ちょっとガッカリです。

アコギはないということで、エレキギターを借りて練習しました。
初めてのエレキギターだったので、全く使い方が分からず、全部セッティングしてもらいました。
エレキギター、奥が深そうです。
今日は、沢山のことを勉強しました。
エレキギターはアンプをうまくいじらないと、良い音がでません。
そしてエフェクターというのもいじれるようになると、音に幅が出るようです。
バンドの人が演奏する前に、なぜ音合わせしているのか意味がよく分からなかったけど、今日その訳が分かりました。

ドラムとギターで、スタンドバイミーとサザエさんのテーマ曲をやりました。
他の人と一緒に演奏するって、たとえ音が合わなくても、すごく楽しいと思いました。
それと同時に、自分はギターが他の人と一緒にセッションできるくらい上手になりたい!って思いました。

それから、ベースをちょこっと触ったり、ドラムのたたき方を教えてもらったりしました。
ドラムは、リズム感がなかったので全く歯が立ちませんでした。
なので、「なんまいだ~なんまいだ~ジャーン」ってとりあえず叩いておきました。

今日はスタジオ練習、一時間しただけなのに、ドラムもベースも、アコギも全部演奏できるようになりたいってとんでもない欲がでてきてしまいました。

帰りにカレーラーメンとか今流行っている何とかっていうアイスクリームを食べながら、ギターやら音楽の話とかをしました。
最近みたいに、ギターや音楽、映画やマンガとかバカ話ばっかりして、ずっと暮らせたらいいのになーって思います。
もうすぐこういうのは終わってしまうんだな・・と思うと、もうすでにメランコリックな気分です。
というわけでスタジオで撮ってもらった写真は、セピア色に加工してみました。
d0017928_2313994.jpg

[PR]
by simakuma62 | 2007-09-18 22:57 | 音楽

カラマーゾフの兄弟

ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」を読み終わりました。
古典だけど、現代にも通じるテーマが盛りだくさんです。
読み終わるのに、1ヶ月以上かかってしまいました。
でも読み終えられた。

10代のころに挑戦したときは、少し読んだだけで挫折してしまいました。
登場人物の名前が、難しくて全然頭に入らなかったです。
なので今回読み終えることが出来たので、達成感があります。

今回は、光文社の古典新訳文庫というところから出版されているのを読みました。
友達のおうちで少し読ませてもらった時に、読みやすくて、これなら全部読めるかもしれないっていう手ごたえを感じました。

面白かったけど、この本の大きなポイントである殺人事件が起こって大きく物語が動くまで、800ページぐらいあるのは、ちと長いです!
あと時々登場人物が独白すると3ページぐらいにわたるのも、長いなー、喋りすぎだろうって思いました。
でもこんなに長い物語を最後まで読んだのに、なんだか釈然としないことがあって、登場人物について考えてしまいます。
だからこの本について研究する人もいるんだろうなと思うし、長い間読み継がれるんだろうなって思います。
[PR]
by simakuma62 | 2007-09-17 22:28 | 本・マンガ