ポエム、映画、音楽についてのブログです


by simakuma62

<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

えいがのじかん

昨日、映画祭のボランティアが終わりました。
今は少し気が抜けて、寂しいです。
ボランティアはカメラの使い方や編集とか勉強になったし、楽しかったです。

今までだったら絶対に近くで見ることなんて出来なかった監督がすぐ目の前にいたり、色んな人とマニアックな映画の話しが出来て、本当に参加してよかったなーと思いました。

映画が好きで、映画を沢山見ておいてよかったなーと思いました。
映画の知識が人とのコミュニケーションで、初めて役に立ちました。

周りの人たちはかなりの映画好きで、キアロスタミとかツァイ・ミリアンとか、エル・スールやらヌーベルバーグとかの話しが出てきたりして、自分の知識総動員でした。

それでも自分が全く知らない監督や作品名が出てきたり、映画の見方についてもそういう見方もあるんだなーって、話を聞いてるだけで、ワクワクしました。

今回のボランティアで、海外作品の配給事情を知りました。
ミニシアター系の映画館や海外作品がかなり苦しい状況にあるようです。
10年前と違って、今は邦画がかなり強いそう。
洋画を見る人が、映画館でもレンタルでも少なくなっているそうです。

だから一昔前だったら、絶対に配給が決まってるような監督の作品が全然決まってなくて、日本では未公開のままで見られないままになっているそうです。

今年のカンヌでシャルロット・ゲンズブルースが主演女優賞を取ったラスフォン・トリアーの映画はどこも買い付けてないし、コッポラの新作も配給が決まってないそうです。
ケン・ローチの新作も、つい最近まで誰も買い付けなかったそう。(この新作を映画祭で見た人が、すごくよかったって言ってました)

「亀も空を飛ぶ」のゴバディ監督監督の新作も、配給決まってないそうです。

話しを聞いてるだけで、クラクラしました。
どうしてこんなことになってしまったんだろうな・・・って思います。

最近の人は、映画も見ないし、本やマンガも読まない、テレビも見ない、CDやゲームのソフトも売れなくなっているっていう話を小耳にはさみました。

それじゃあ、一体みんな何しているんだろう・・・って疑問に思いました。
[PR]
by simakuma62 | 2009-11-30 23:21 | 映画

母なる証明

ポン・ジュノ監督の最新作「母なる証明」を見てきました。

ものすごい面白かったです!
やっぱりポン・ジュノはすごい監督だ!!

何回か鳥肌が立ちました。
ススキ野原でお母さんが踊りだす映画の出だしから、何が始まるんだろう・・・ってゾクゾクしました。
その緊張感が最後まで続き、オチも一捻りあって、ラストが人によって感じ方が違うと思いました。

ウォン・ビンが、片手で半分顔を隠して、あることを思い出す場面にゾクゾクきました。
王子様みたいなウォン・ビンを期待して見に行ったファンは、今回の役ガッカリだったかもしれないです。
でも私は今回の映画をみて、ウォン・ビンが好きになりました。

お母さん役の女優さんが、凄くよかったです!

ガラスの仮面のあゆみさん風にいうと、お母さん役とかウォン・ビンがやった役は、役者なら一度は演じてみたい役なんじゃないかなーと思いました。

日本でもこういう映画作れたはずなのに・・・

自分がリメイクするとしたら、どうキャスティングしようかな?と考えてみました。

お母さん役・・・あき竹城

ウォン・ビンがやった役・・・嵐の二ノ宮君、もしくはレオナルド・ディ・カプリオ(でもあき竹城と血のつながりがなくなってしまう、どうしよう)

ウォン・ビンの友達役・・・星野源

廃品回収のおじいさん役・・・大滝秀治

なんだか、二時間ドラマでよさそうな感じになりました。
[PR]
by simakuma62 | 2009-11-08 20:37 | 映画

ヤギのエサ

電車の中で、隣に座った男の人が本を熱心に読んでいました。

とっても気になったので、覗いてみました。

どうやら、女性とうまくつきあうには?みたいなことが書いてあるハウツー本でした。

女性とうまく会話が続きません。どのようにしたらいいですか?みたいな質問が書いてありました。

私も一応女性だけど、あんまり多くの女性と会話がうまく続かないな、友達少ないし、どうしたらいんだろう、教えてほしい!と思いました。

先生の答えが、あなたは会話を質問から初めていませんか?と書いてありました。
女性は、質問すると警戒して心を開きません、質問をしてはいけません、だそうです。

なるほど、そうだったのか・・・・と目からウロコがでました。(ウソです)
確かに、最初から年齢とか、職業とか聞かれたら、なんでそんな事答えなきゃいけないんだろう・・・って思います。
先生の言うとおりだと思いました

でも時間が経った今では、初対面だとある程度質問しないと、会話って始まらないんじゃないんですか?と先生に質問したいです。
本当は、喋るより、話を聞いたときのリアクションの方が大切なんじゃないかなと思いついてしまいました。
男女限らず、楽しそうに話を聞いてくれる人の方が、会話って弾むんじゃないだろうか・・・

で、メールの書き方では、すぐに返信してはいけませんって書いてありました。
理由が、読めなかったです。
残念!

次に、こんな女性に注意っていうのがあって、自分の話しばっかりして、他人の話しをきかない女性はだいたいにおいて自己中心的です、だそうです。

それって、私のことだと思いました。

ごめんよ、他人と会話してると、一人でずっと喋ってる・・・
会話のキャッチボールが出来ません!

やっぱり自分は自己中だったんだな、だから全くもてないんだなと気がつきました。

でもそんな本、くだらないから、ヤギにでも食べさせちゃえばいいのに!
[PR]
by simakuma62 | 2009-11-06 23:18 | その他
おととい、蟹工船のSUBE監督のお話を聞きに、丸の内カフェに行ってきました。

笑いをとろうとしてるわけじゃないのに、何気なくボソって言うひと言が、本当に面白かったです。

先週の崔監督に引き続き、SUBU監督の作品がすごく見たくなりました。

SUBU監督は、最初バンドをやって、次にVシネマの俳優をやったんだけど恥ずかしい役とか作品ばかりで嫌になって、こんな作品ぐらいなら自分にもできるんじゃないかと思って、シナリオを書き始めたと言っていました。

そういえば、崔監督も脚本を自分で書いてたなと思いました。

独自のカラーを持っている監督は、みんなシナリオを自分で書いてることに、たった今気がついてしまいました。
自分もがんばってチャレンジしてみよう!

SUBU監督も、映画見るのが大好きで、沢山何でも見てる模様です。
書き終わったシナリオが3つあるって言ってました。

自分の中にアイデアがあるって、素敵だな!と思います。

最近、自分はちっともひらめかないし、アイデアも浮かばないので、うらやましいです。
[PR]
by simakuma62 | 2009-11-06 22:45 | 映画