ポエム、映画、音楽についてのブログです


by simakuma62

<   2007年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

鎌倉

大仏と海を見るために、鎌倉に行ってきました。
大仏と海が一緒に見られる所は、世界中を探しても鎌倉だけだと思います。

すごい人でビックリしました。
夏休みの原宿の竹下通りみたいなことになっていました。
江ノ電も満員電車でした。

初めて見た大仏には感動しました。
d0017928_2232165.jpg

まじまじと大仏を見てしまいました。
大仏さん、前がはだけていて、頭がパンチパーマみたいだなーと思いました。
見かけによらず、結構ワイルドな佇まいでした。

後ろ姿は、背中の扉が開いていて、ちょっと寂しげでした。
何故か前に新宿駅で見た、なまはげの後姿を思い出しました。
d0017928_22321882.jpg


海は心の目で見られてよかったです。
キレイでした。
最近の私は、目標をちゃんと達成できて満足です。
[PR]
by simakuma62 | 2007-04-30 22:21 | その他

トリプルアンコール

スネオヘアーのライブを観にお台場まで行ってきました。
このライブを楽しみに、この一ヶ月間嫌なことを我慢できたといっても過言ではありません。

さてゴールデンウィークなのに、お台場は空いていて、とても好感がもてました。
鎌倉も見習ってほしいです。
ただお台場まで行くのは遠いし交通費もかかるので、ZEPPは新橋に作ってくれれば良かったのになーと思います。

スネオヘアーのライブは、『スカート』という曲から始まりました。
なんてかっこいいんだろうと思ってしびれました。
ギターを弾きながらジャンプしていました。
そんなギターテクニックかっこよすぎる、自分もギターの練習するときマネしてみようと思いました。

ライブは3時間ぐらいありました。
アンコールが3回ありました。
曲の前の話も長くて、途中寝そうになりました。
スネオさん、私と同じで話しをよく脱線してしまう上に、何を話してるのか途中で忘れてしまうクセがあるようです。

あとマイクの音が割れていたのが残念でした。
それでも、スネオヘアーの歌は本当によかったです。
特にスネオヘアー自身の二十歳のころについて歌った『やさしいうた』は聞きながら、胸がつまりそうになりました。
ちょっとでも泣いたら号泣しそうな勢いでした。
30歳以上にならないと、この歌のよさは分からんだろうと思いました。
[PR]
by simakuma62 | 2007-04-29 21:52 | 音楽

ピーちゃん

昨日の朝、12年飼ってたネコのピーちゃんが死んでしまいました。

ピーちゃんは、うちのお母さんが拾ってきた猫です。
お母さんが保育園の園生と公園へ散歩に出かけたときに、ピーちゃんがいて、保育園までついてきてしまったそうです。
これも何かのご縁ということで、うちで飼うことになりました。

朝に知らせを聞いて、急いでおうちに帰りました。
ピーちゃんを見たら、寝ているだけで生きてるように見えました。
ここ4年ぐらい離れて暮らしてたので、何だか実感がわきません。
だからいつもの様には、悲しくありません。
(お母さんが、できる限りの看病をしてくれたっていうことも大きいんだと思います。)

お母さんいわく、体はとても弱っていたのに、死ぬ前の日まで食欲旺盛だったそうです。
ケーキも食べてたと言っていました。
最後の方はピーちゃんの好きなように食べさせてたら、どんどん甘党になっていったそうです。

ピーちゃんは、飼い主の私が言うのもなんですが、ネコにしておくのがもったいないほど、賢い猫でした。
そしていつも毅然としていました。
人間だったら、東大にでも行って、卒業後は高級官僚になって、国をうごかすほどの逸材になっていたと思います。

どうか安らかに眠ってください。
そして他のネコたちを見守っていてください。

これからじわじわ寂しくなるのかな・・・
[PR]
by simakuma62 | 2007-04-22 23:20 | その他

トラヴィスのPV

ビルボードトップ101をテレビで見てたら、The Frayというバンドの「ハウ トゥ セイブ ア ライフ」(たしかこんなタイトル)という曲の日本語訳付きのPVが流れていました。
前に視聴したときは、歌詞の意味が分からなくてフーンって感じだけど、今となってはいい歌です。
たぶんバンドメンバーの友達が自殺しちゃって、そのことについての歌だと思う。
自殺した人もつらいだろうけど、残された者の方がもっとつらくて苦しいんだろうなってことが伝わってきて、ちょっと涙してしまいました。

最近ポップな曲ばかり聴いてるのにちょっと飽きてきました。
何気にトラヴィスをまた聴き始めたら、トラヴィスやっぱりいいなー、今年のサマソニどうしようかなーと思いました。

3年ぐらい前にでたアルバム「12メモリーズ」を、今さらになって繰り返し聞いています。
そして、ああーこりゃ最高だねと思いました。
前は2枚目と3枚目に比べるといまいちな気がしてほっぽり投げてたけど、今は「12メモリーズ」が一番良いと思います。でも一ヶ月経ったら、考えが変わるかもしれません・・・
自分の気持ちは、5分先でも読めません!

トラヴィスは、イギリスの他のロックバンドと比べるととても地味だと思います。(スキャンダルもないし、特にオシャレってわけでもないし、他のバンドと口げんかするわけでもないので)
というわけで、その地味さ加減とトラヴィス節の曲調が、私の哀愁の琴線をくすぐるんだと思います。

トラヴィスの新しいアルバムがもうすぐ出ます!
ホント、楽しみだなー
PV見たら、ベン・スティラーが出てていました。どういうつながりで、出ているんだろう・・・
[PR]
by simakuma62 | 2007-04-18 23:31 | 音楽

13/ザメッティ

フランス映画の『13/メッティ』を見てきました。
予告編を見て、おお~これは!って思って期待して見に行きました。
しかも新人監督で、この映画がディカプリオやブラッド・ピッドでリメイクされるとチラシに書いてあって、新しい才能に立ち会えるかもしれないと思って心踊りながら映画館に行きました。

しかし初めから、ウトウトしまいました。
今年に入ってから更に集中力が落ちているので、物語がすぐに盛り上がってくれないとすごく眠くなってしまいます。
ハっとしたら、皆が輪になってロシアンルーレットをやっていました。
そこでわけも分からずハラハラしましたが、その後またウトウトしてしまいました。

いつもはハリウッドでリメイクすることは懐疑的なんだけど、この映画はハリウッドで作った方が面白くなるかもしれないと思いました。
d0017928_22573152.jpg

予告編で『恋愛睡眠のすすめ』がやっていて、あー早く見たいなーって思いました。
楽しみだなー
[PR]
by simakuma62 | 2007-04-17 22:59 | 映画
ここ数日、三島由紀夫という人を今まで間違えてとらえてたかもしれないと思いました。
三島由紀夫というと、国粋主義者で、市ヶ谷で自決してしまった人というイメージがあります。
そういえば前働いていた会社のおじさんが、三島由紀夫は自決した時ふんどしはいてたんだよって教えてくれました。

それから夏休みになると「金閣寺」が課題図書に選ばれるイメージがあります。
ずっと前に、読まないといけない気がして、「金閣寺」を無理やり読んで、物語は思い出せないんだけど大変につまらなかった記憶だけが残ってます。

そんなだったので三島由紀夫には、あんまりいいイメージありませんでした。

しかし、本屋さんでフラフラしていたら、三島由紀夫がネコと一緒に映ってる写真を見つけました。
三島由紀夫はネコが大好きだったんだって。
ネコ好きに悪い人はいないというのが私の持論です。
これで三島由紀夫への株が上がりました。

その後、三輪明宏と瀬戸内寂聴の「ぴんぽんぱん ふたり話」を読んでたら、三島由紀夫の話がでてきました。
三島由紀夫は皆にバカにされないように虚勢を張っていたそうです。
(三輪さん曰く、本当は誰よりも繊細で純粋な心の持ち主だったとか)

三島由紀夫が三輪明宏に言った言葉があります。
「膝の上にあがるから頭をなでてやったら、いい気になって肩まで登ってくる奴がいる。
それを放っておくと、今度は頭まで登って顔までなめだす奴がいる。
おれはそういうのが大嫌いなんだ」

いくら親しい人でも(それが例え身内であっても)、礼儀が欠けているのは嫌いだっていうことを例えていっているセリフです。
三島由紀夫の言っていることに同感です!
(といいつつも、わが身を振り返ると、礼儀が欠けていること随分やってしまったなーって思います・・・でも反省すればいいんだと思いたい)

今度、図書館に行って彼の作品を読んでみようって思いました。
[PR]
by simakuma62 | 2007-04-16 22:34 | 本・マンガ

威風堂々な彼女

今日は、韓国ドラマの『威風堂々な彼女』を見て一日が終わりました。

ペ・ドゥナがとても可愛いです。
表情がクルクル変化して、コミカルな演技に目が釘付けです。
世界中探しても、彼女のような女優さんはいないだろうと思います!

実は大富豪の孫だった、とか、御曹司と恋に落ちる、とか、血の繋がらない姉の策略とか、昼メロの王道のようなストーリーでした。
最初は、くだらない・・・と何回か思ってしまいましたが、だんだんその世界に染まってきて、登場人物と一緒に泣いたり笑ったりする自分がいました。
最初なんとも思わなかった、カン・ドンウォンがすごくかっこいいと思うようになりました。

さあ、いよいよ最終回!と思ったら、録画されてませんでした。
お母さん、頼むよ・・・
d0017928_2240221.jpg

ぺ・ドゥナのブログを発見しました!
以下のURLです。
可愛い、なんて可愛いんだ!!
よだれがでそうです。(もう変態って言われてもかまわないです・・・)
しかしながら、韓国語で書いてあるので、内容は意味がピーマンです。
あー彼女の写真集が欲しい・・・
http://blog.naver.com/hnpl46.do
[PR]
by simakuma62 | 2007-04-15 22:39 | その他

新宿御苑

今日はギターのレッスンの後、新宿御苑に行って参りました。

ギターは先月に先生を替えてから、今は3曲練習しています。
前の先生の時は半年も習ったのに、手拍子やメトロノームに合わせてのストロークばかりで、ちっとも曲を弾かせてもらえなかったので、今は大進歩だと思います。
曲を弾けると楽しいです。
もっと早くに替えとくべきだったなーって思います。
今やっている曲は、「夕焼け小焼けの赤とんぼ」と「サザエさんのテーマ曲」に、ジョン・レノンの「パワー・トゥ・ザ・ピープル」です。
選択曲に、節操がありません。
でもこの3つの曲は、3コードもしくは2コードしかないんですよー!
先生の歌つきでないと、何弾いてるのか全く分からないところがミソだと思います。

その後新宿御苑に行ったら、沢山の人がいました。
染井吉野は散ってしまったけど、他の種類の桜が咲いていました。
桜ってどんな種類でも、色合いとか花びらとかが可愛いなー、こんなデザインのブローチとかが欲しいなって思いました。
あと、温室に入れなくて残念でした。
d0017928_09682.jpg

[PR]
by simakuma62 | 2007-04-14 23:36 | その他

フーリガン

イライジャ・ウッドとチャーリー・ハナム共演の『フーリガン』を見ました。

予告編では、第二のトレインスポッティングみたいな売り方をしていたけど、違うと思いました。
結構オーソドックスなストーリーだと思います。

それにしてもチャーリー・ハナムは、映画によって毎回雰囲気が違うと思います。
この映画を見て、彼は何か当たり役を演じることができたら、スターになることができる人だと確信しました。キアヌ・リーブスやジョニー・デップ、ブラッド・ピッドが出てきた頃と同じオーラを感じます。(褒めすぎかな?)
ただ出演作が、いまひとつ何か足りない・・・

「コールド・マウンテン」で共演したジュード・ロウよりも、絶対チャーリーの方がかっこいいと思います!
d0017928_034398.jpg

[PR]
by simakuma62 | 2007-04-13 23:38 | 映画
アルバイトの男の子が、5月にモンゴルに行くそうです。
(大学でモンゴル語を専攻しているそうな。)
その話しを聞いたら、草原で馬に乗った自分の姿が思い浮かんできてウットリしてしまいました。
モンゴルいいなー、荷物の中に入れて連れて行ってほしいなーって思いました。

それからモンゴルの話しをしたら、チベットとモンゴルがごっちゃになっていることが判明しました。
チベットといえばダライ・ラマとチベット仏教で、モンゴルはチンギス・ハーンと蒙古斑の知識ぐらいしかない自分に唖然としました。。
その程度の知識しかない国に行きたいっていう自分は、いい年齢してどうなんだろう・・・と思います。

その後自分は、どういう国に行きたいのか考えてみました。

ずっと前から、お金に価値があるっていう考え方がどうしても好きになれませんでした。
貨幣経済ではない(資本主義ではない)国に行きたいと思いました。
でもだからといって共産主義や社会主義の国は嫌だなーって思います。
あと、どんなに良い所でも天国にはまだ行きたくないです。(天国じゃなくて、地獄に行くかもしれないけど)
できたら星と海のキレイな南の島で、おなかがすいたら落ちてきたパイナップルを食べながら、のんびり暮らしたいです。
というわけで、もうモンゴルにはあんまり興味ありません。

あーなんて自分は、わがままなんだろうって思います。
[PR]
by simakuma62 | 2007-04-12 22:11 | その他